オンサイトPPA・オフサイトPPAの違いについて

2種類あるコーポレートPPAについて」 でご説明した通り、PPAは大別して2種類あります。1つは仮想的に送電する「バーチャルPPA」、もうひとつが日本でメジャーとなっている、実際に受給企業に送電する「フィジカルPPA」です。この記事ではその「フィジカルPPA」に似た、別の2つの方式を内容と共にお伝えします。

オフサイトPPAの概要

「フィジカルPPA(自己託送と自家消費)」に似ている方式として「オンサイトPPA」と「オフサイトPPA」の2つがあります。あまり聞き慣れないカタカナかもしれませんが、発電所がサイト(英語:site/用地・敷地の意味)にオン(敷地内)か、オフ(敷地外)かの違いです。
つまりオンサイトPPAは、受給企業の敷地内にある発電設備から受電をするパターンで、オフサイトPPAは、受給企業の敷地以外にある発電設備から受電をするパターンということになります。
ただし、直接発電所から送電されるわけではなく(※自己託送の条件を参照)、法律上必ず小売電気事業者を経由することになります。また、オフサイトPPAで買い付けた電気を受電するためには、通常通り送電線を使用するので、受電設備など大きな変更の必要はありません。

電気の託送とは

オフサイトPPAの概要
出典:資源エネルギー庁などの複数資料を基に当社で作成

ネットゼロダイレクトで現在提供している発電所の情報は、「オフサイトPPA」です。電気を必要としているお客様の敷地の外にある発電所の電気と、お客様の需要をマッチングするのがこのサイトの主たる目的です。

オンサイトPPAの概要

「オンサイトPPA」の場合、PPA事業者(主に小売電気事業者)が太陽光発電システムを無償設置し、PPA事業者が保有しつつその敷地内の受給企業に再エネ電気を供給する仕組みが主流になっています。当社でも「ソラシェアダイレクト(アパート・マンション向け)」と「Wゼロでんき(工場、病院、商業施設などの法人向け)」というサービスを展開していますので、一度ご覧ください。
ソラシェアダイレクトWゼロでんき

オンサイトPPAの概要
出典:資源エネルギー庁などの複数資料を基に当社で作成

オフサイトPPAで電気を調達するためには

調達したい再生可能エネルギー量をまずは確定させましょう。そしてその供給量を満たす発電所を探し出し、契約を行うことになります。必要量が大きい場合は複数の発電所から調達することも可能です。詳細は一度お問い合わせください。

お問い合わせ